動画の再生回数を稼ぐのは難しい

2019/10/09 ブログ
口コミイメージ

こんにちは。

桝井あけぼのです。

 

売れる動画、拡散される映像制作について、何かコツがあるのでしょうか。

 

色々調べてみると、結構あります。

「ペルソナを意識したストーリー」

「ベネフィットをイメージさせる映像」

「演出は控えめに、広告色を全面に出さない」

「クオリティの高い映像と編集」などなど。

 

どれも、頷けます。

 

映像制作会社の多くは、動画の内容について語ります。

制作者からしたら当然です。

 

でも、再生回数を稼ぐこと、お客様へのリーチ数を稼ぐことも大事です。

アップデートしたら動画がひとり歩きしてくれて、営業してくれるなんてことは滅多にないです。

 

動画が宣伝として、勝手に拡散されるようになるには、そのように仕掛けないといけないのです。

 

その方法には、「絶対」はありませんが、いくつかテクニックがあります。

例えば、音です。

音楽やナレーションをつけた方がいいのか?

それは投稿する時間にも関わってきます。

朝や夕方は通勤の電車内で、夜中は家族やお子さんが眠りについた後で動画を見ます。

この場合、音は出さないで見る方が多いので、ナレーションなしでも伝わる工夫を。

 

ハウツーや商品紹介の動画は、あまり再生回数が稼げないと言われているので、種類豊富に数作り、Youtubeで見てた動画の、関連動画として数珠繋ぎであがって来るように紐づける、など。

 

動画、映像制作にはクリエーション以外にも戦略が必要です。

本来はマーケティングに長けている広告代理店の仕事です。

しかし、誰でも映像が撮れ、編集もできる時代、我々映像制作会社が提供できるのは、映像制作だけでなく視聴者へのアプローチの部分も含めたサービスが必要だと思います。

 

拡散される動画制作のご相談も承りますので、ぜひお問い合わせください。

 

 

よろしくお願いします。