販促ツールになる、テレビ番組風映像

2019/10/31 ブログ
東京ビッグサイト

展示会で映像を流す出展者はまだまだ少ないですね。

 

街中の飲食店では、テレビ取材された際の録画を流しているお店や取材風景の写真を飾っているところもあります。

 

テレビ取材がなかなか来ない、録画を流していいかと制作会社に聞いたらダメだと言われた・・・

 

基本的に、放送した内容を営利目的に利用することは禁じられています。

二次使用になるからです。

買い取るか、そもそもの番組自体の放映権を持つか、になりますが、出演者やナレーターの出演料や制作費、音楽の著作、制作費、放映の電波料など膨大な予算が必要です。

 

それならば、テレビ取材と同じような撮影を独自に行うのはどうでしょう?

テレビ番組と同じような特集コーナーを作ればいいのです。

 

展示会やイベントで流したり、DVDにして営業時にお渡ししたり、ネットで配信したり。

活用法はたくさんあります。

 

「ビデオ作った」と言うだけで、一目置かれることもあるでしょう。

 

動画の制作会社はたくさんあります。

しかし、テレビ番組と同じように仕上げることができる映像制作会社は、その中でも一部です。

 

英語や中国語版も作れば、海外市場に進出しグローバルな展開も視野に入れられます。

 

ネット動画の流行とテレビ番組の手法は異なります。

演出法も無限です。

 

せっかく動画を作るなら、一目置かれる作品を作りませんか?