人が動く季節に、動画が必要な理由

2019/12/03 ブログ

 

こんにちは。桝井あけぼのです。

 

クリスマスシーズンになりました。

 

渋谷もイルミネーションがはじまりました。

 

弊社の近くでは、青の洞窟というブルーのイルミネーション一色です。

 

あぁ、またこの季節が来たな・・・と思いながら、人の流れに逆らって帰宅しています。

 

さて、この季節、転職希望者や中途採用応募者が増えます。

 

年明けから、春から、というタイミングを狙って、一気に動き始めるからです。

 

また、新卒採用をされた企業では、年が明けたら研修や人材育成の準備に入りますね。

 

今年は令和元年、来年は東京オリンピック。

 

転職希望者には、もっとやりがいがあって、ワクワクする仕事を提供する。

 

でも、実際にやりがいのある仕事があったとしても、きちんと伝えなければ人材は集まりません。

 

私のいるテレビ業界も、初心者は大体派遣会社に登録して、各番組に配属されます。

 

2020年はオリンピックもあって、この業界も人材を集め始めました。

 

新人の手も借りたい、という状況です。

 

派遣会社には、各社の情報が集まりますから、登録した人はそのラインナップを吟味して希望を出すことになります。

 

直接採用したいのであれば、もっと情報を発信しなければなりません。

 

給与や福利厚生、待遇などはホームページの採用情報で十分ですが、仕事内容、社内の雰囲気、実際の研修の様子など、「雰囲気や空気感」を伝えるのであれば、やはり映像が一番です。

 

最近は、文字数が多かったり、写真の枚数が多いと、最後まで見てもらえない時代です。

 

この傾向は、若い人だけではありません。

 

例えば、「いいな」と思った会社のサイトをスマホで母親に見せたら・・・

 

長い文章やページが多いと、途中で「よくわかんない」と見てくれなかったりします。

 

せっかく人が動く季節ですから、ぜひダイレクトに伝わるアピール方法を研究してみるのもいいですね。