スモールビジネスへの救済

2020/03/31 ブログ

こんにちは。桝井あけぼのです。

 

最近、数人の知り合いから「ブログ見てるよ」と声をかけられました。

 

実名で書いているので、隠しようもありませんが、いやはや、新型ウイルス感染拡大に伴うビジネスへの影響は、日に日に大きくなってきますね。

 

どの業界もつらいと思います。

 

テレビ業界も同じです。

 

きょうは、映像の話ではなく事業の話。

 

昨今の新型コロナウイルス感染拡大に伴うダメージは、大手の企業の方が、額が大きく、救済の手も早々と差し伸べられる印象があります。

 

スモールビジネスへの救済もぜひ!!!と声を上げることが必要で、その存在をアピールしないといけないと考えています。

 

しかしながら、救済といって融資してもらっても、きちんと返済することができるのか、いつになったら落ち着いて、売り上げが安定するのか・・・先が全く見えないですね。

 

公的資金の融資は今とても積極的で、日本政策金融公庫では、資金繰りの相談に親身になって乗ってくれると聞きます。

 

もう枠いっぱいで無理かも、と思っている方も一度相談に行かれることをお勧めします。

 

この経済危機と資金繰りの苦悩は、いつまで続くかわかりません。

 

今相談して、少しの間でも心の余裕ができるのであれば、悶々としているよりもいいと思いますし、第一、「ここからどうやって這い上がろうか」と考える猶予もできます。

 

そして、国が3年分の利子の肩代わりもしてくれるとのこと。

 

既に融資を受けていて返済中の方も、返済額の見直しなど相談してみては、と思います。

 

通常、返済スケジュールの変更・リスケは信用を落とすと心配ですよね。

 

でも、いまこの状況で我慢するよりは相談した方がいいです!

 

リスケという形ではなく、今まで組んでいる融資を一度借り替えという形で、返済スケジュールを組みなおすこともできます。

 

逆境から勝ち上がるスモールビジネス!これをテーマに、自分も頑張りたいし、応援していきたいと思います。

 

こういう時期だからこそ、負けないように耐え抜いて、本当の春を迎えたいですね。

 

次は、小規模事業主持続化補助金についても調べてみます。